カテゴリ:高等部 本科普通科

生活単元学習:藍染めをしよう!(9月20日)

 普通科の生活単元学習で育てた藍を、ついに収穫しました! 今回はⅠ・Ⅱ類型の生徒も一緒に参加しました。絞り染めの方法を学び、できあがりをイメージしながら、ゴムなどを使って装飾をしました。タンパク質で染まりやすくするために豆乳につけること、酸化で色が変わること、ミキサーの使い方など、理科や家庭科の視点からも学びました。染まりたてはきれいな黄緑色。この後どんな色になるか、楽しみです。

成長した藍豆乳につけた布をドライヤーで乾かす男子生徒教員が手を取って絞り染めの仕方を学ぶ男子生徒

藍をミキサーにかける女子生徒バケツに浸して藍染めをしている様子染めた布を干す男子生徒

 

高等部第2回キャリアガイド教室(9月11日)

 普通科対象のキャリアガイド教室を行いました。株式会社フジ人事課の方に講師をお願いしました。フジグラン松山の店内やバックヤードを見学し、お店の裏側でされている様々な工夫を知ることができました。大きな災害が続いていることもあり、災害対策についての生徒からの質問にも、答えていただきました。普段買い物で利用する生徒もいましたが、改めて働く側の視点から企業や店舗が大切にしていることを学びました。

店舗で説明を聞く4名の生徒バックヤードでたくさんのハンガーを見る2名の男子生徒椅子に座って話を聞く教員と生徒

発信!高校生記者 動画撮影講習会(8月28日)

 今年度、普通科の1年生が県内の新聞社などが主催する「発信!高校生記者」のメンバーとして活動しています。これまで、障がい者スポーツ大会や本校の運動会について取材し、新聞やインターネットに発信してきました。

 この活動の一環で、愛媛CATVのスタッフが動画撮影の講習に来て下さいました。卓球部の練習を取材しながら、タブレットを使った効果的な撮影の仕方やコメントの入れ方、インタビューの仕方などについて、教えていただきました。今回教えていただいたことを生かして、動画による発信にも挑戦していきたいと思います!

STTのボールの中に入っている金属の玉を撮影する生徒STTの練習を撮影する生徒とアドバイスするCATVのスタッフ

STTの練習を撮影する生徒とタブレットの角度をアドバイスするCATVのスタッフ卓球部員にインタビューする生徒とCATVのスタッフ

 

 

 

 

 

 

 

愛媛県高等学校独唱コンクール(8月20日)

 愛媛県高等学校独唱コンクールが愛媛県生涯学習センター県民小劇場で行われました。本校からは、高等部普通科2年Nさんが出場しました。演目は「荒城の月」「Ombra mai fu(かつて木陰は)」です。練習の成果を発揮し、堂々と歌声を披露し、優秀賞を受賞しました。審査員の方からもすてきな歌声だと褒めていただきました。

コンクールの様子賞状を持つ生徒

愛顔のえひめ特別支援学校技能検定(8月1日)

 高等部普通科の生徒3名が情報サービス部門の文字入力に参加しました。この検定は、原稿と同じ文章を正確に入力し、成績によって1級から10級までが認定されます。それぞれ、iPadや拡大読書器、テキストデータを使って原稿を読み取りました。最後に本校生徒が情報サービス部門の代表であいさつをしました。夏休みに入ってからも補習に参加し、一生懸命練習してきた成果が発揮できたと思います(写真1枚目は補習の様子)。

 パソコンで検定練習をする2名の生徒検定に参加した3名の生徒