カテゴリ:高等部 本科普通科

生活単元学習:防災学習(12月13日)

 普通科の生活単元学習では、3学期に松山市防災センターで行う校外学習に向けた計画と準備をしています。今回の授業では、地震の仕組みなどを学ぶ防災学習を行いました。立体地図や立体コピーに触れながら南海トラフや中央構造線を確認し、自分たちが生活する場所の近くにたくさんの「断層」があることを知りました。津波の高さや到達するまでの時間など、生徒たちが昨年度学習したことをよく覚えていたことに驚きました!先日、本校で開催された「科学へジャンプ」でも使った紙オムツの実験を行いました。たくさんの水を吸うことができる紙オムツは、簡易トイレに利用できることも学びました。

四国の立体地図に触れる3名の男子生徒と説明する教員中央構造線が描かれた四国の立体コピーの地図を触る生徒の手給水して膨らんだ紙おむつに触れる男子生徒

 

 

 

 

 

 

愛媛付近で予想される津波の高さと到達時間を書いたプリント断層に関するプリント

伊予高校生本校に訪問(11月27日)

 総合的な学習の時間にノーマライゼーションについて学んでいる伊予高校の生徒9名が、本校で体験学習を行いました。普通科の生徒2名が点字体験、iPadやパソコンなどの視覚支援機器体験、ガイドヘルプ体験を企画し、盲学校での学習や生活について紹介しました。生徒はこれまで取り組んできた交流学習やふれあいフェスタでの経験を生かして、体験学習の内容を工夫してくれました。これからも、自分たちの言葉で障がい者理解について働き掛けられるよう、経験を重ねていきたいです。

iPadを説明する男子生徒と伊予高校の女子生徒2名

点字の説明をする女子生徒と点字を書く伊予高校の女子生徒4名パソコンを説明する女子生徒と伊予高校の女子生徒4名歩行体験をする伊予高校の女子生徒2名と見守る男子生徒

 

点字ブロック街頭キャンペーン事前学習(11月16日)

 本校のPTAが中心となり、11月23日(金)11:50からサニーマート衣山店で「点字ブロック街頭キャンペーン」を行います。毎年普通科の生徒が参加し、保護者と協力して地域の方に点字ブロックの大切さを呼び掛けています。

 今年の事前学習では、理療科の先生方に点字ブロックについてインタビューした結果を報告し合い、視覚障がい者にとっての点字ブロックの重要性や、地域の方々に呼び掛けたいことを考えました。チラシの渡し方を確認し、心を込めて言葉を掛けることを意識して練習をしました。

 今年も恒例のかわいらしいスペシャルゲストが来てくれる予定です!お時間のある方は、ぜひ生徒たちの頑張る姿を見にいらして下さい。

チラシとポケットティッシュを見る男子生徒発表し合う5名の生徒 チラシを渡す練習をする男子生徒チラシを渡す練習をする男子生徒

生活単元学習(11月13日)

 11月13日の高等部普通科の生活単元学習は、「日本文化を味わう」のテーマで行いました。「ねりきり」という和菓子を自分たちで作り、その後、和室で茶道の体験をしました。
 求肥(ぎゅうひ)と白あんと抹茶で作ったねりきりの生地を葉っぱの型で抜き、あんをくるんで、いちょうとかえでの型で抜いた飾りを載せました。

ねりきりの生地をローラーで延ばしています。三角棒で葉脈をつけています。黄色の生地でいちょう、オレンジの生地でかえでの型で抜いています。1センチぐらいの小さな型です。和菓子の出来上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、和室に移動して、Ⅰ、Ⅱ類型の生徒とともに抹茶を点(た)てていただきました。ほとんどの生徒が初めて茶筅(ちゃせん)を扱いましたが、おいしいお茶を点てることができました。短い時間でしたが、客としての作法や、茶碗の扱い方、茶道の基本的な理念など、たくさんのことを学ぶことができました。

 生徒たちから「自分で作った和菓子はおいしかった」「三角棒で葉脈をつけるのが難しかった」「いちょうの小さい抜型から取り出すのが難しかった」「初めてお茶を点てて楽しかった」「茶碗に正面があるのを初めて知った。作法が分かってよかった」などの感想が寄せられました。

初めてお茶を点てて笑顔です。指導をしてもらいながらお茶を点てています。おいしそうにいただいている様子

 

普通科Ⅰ・Ⅱ類型校外学習:伊予高校文化祭(11月6日)

 普通科の生徒2名が、伊予高校の文化祭に参加しました。伊予高校は、総合的な学習の時間でインタビューに来ていただくなど、様々なつながりがある学校です。午前中は、普段はなかなか見ることができない大きな規模の学校の演奏や発表に触れ、貴重な経験ができました。午後からは松盲のブースを設けていただき、視覚障がいに関する啓発活動や、作業学習で作った普通科の製品を、多くの方に見ていただくことができました。刺激を受けた生徒たちは、来年度の文化祭に向けて、早くも構想を膨らませていました!

松盲ブースに立つ男子生徒と女子生徒点字版とSTTの道具点字体験をする伊予高校の職員と見守る女子生徒製品を伊予高の職員に見せる笑顔の女子生徒