カテゴリ:その他の行事

第3回ストーリーテリング(9月11日)

松山おはなしの会の方に来ていただき第3回ストーリーテリングを実施しました。

秋の虫がきれいな鳴き声を聞かせてくれ始めた今の季節にぴったりな、虫のお話やハーモニカでの「虫の声」の演奏もありました。

今回は参加者が多く、にぎやかな会となりました。

  お話を聞いている様子

第25回中国・四国地区盲学校体育大会(7月20、21、22日)

第25回中国・四国地区盲学校体育大会は、徳島視覚支援学校を主管校として行われました。

松山盲学校からはフロアバレーボールに7名、サウンドテーブルテニスに4名が出場しました。

結果は、フロアバレーボールが準優勝で優秀選手に専攻科3年K・Yさんが選ばれました。

STT個人戦女子の部では、普通科3年のM・Yさんが優勝、中学部1年のT・Sさんが3位に輝きました。

来年は松山で行われます。

フロアバレーSTT集合写真

第1回幼児体験学習(6月27日)

幼児さん3名と保護者にご参加いただき、第1回幼児体験学習を実施しました。
お話や歌、リトミック、ボールプール、パラバルーン等を行い、3人とも自分のペースで活動を楽しみました。たくさんの笑顔を見ることができ、楽しい活動ができました。
保護者同士の交流もあり、充実した時間となりました。

集合写真朝の会ボールプール

触図教材:迷路(6月20日)

 点字支援委員会では色々な形の迷路を作り、触察能力を高める学習に役立てています。点図の触察能力を高めることは、図形やグラフを読み取るだけでなく、文章を読む時に段落や見出しを効率良く探すことや、手から上手に情報を入手して、正しく判断する練習にもつながります。活用している児童・生徒は「どんな形の迷路かな?」と毎週配布されるのを楽しみにしてくれています。職員室前の迷路の掲示も、4月の桜から6月バージョンに変わっています。学校を訪れた際は、ぜひご覧下さい。

桜の点図迷路あじさいの点図迷路あじさいとかたつむりの点図迷路