2018年6月の記事一覧

第1回幼児体験学習(6月27日)

幼児さん3名と保護者にご参加いただき、第1回幼児体験学習を実施しました。
お話や歌、リトミック、ボールプール、パラバルーン等を行い、3人とも自分のペースで活動を楽しみました。たくさんの笑顔を見ることができ、楽しい活動ができました。
保護者同士の交流もあり、充実した時間となりました。

集合写真朝の会ボールプール

触図教材:迷路(6月20日)

 点字支援委員会では色々な形の迷路を作り、触察能力を高める学習に役立てています。点図の触察能力を高めることは、図形やグラフを読み取るだけでなく、文章を読む時に段落や見出しを効率良く探すことや、手から上手に情報を入手して、正しく判断する練習にもつながります。活用している児童・生徒は「どんな形の迷路かな?」と毎週配布されるのを楽しみにしてくれています。職員室前の迷路の掲示も、4月の桜から6月バージョンに変わっています。学校を訪れた際は、ぜひご覧下さい。

桜の点図迷路あじさいの点図迷路あじさいとかたつむりの点図迷路

 

寮祭(6月15日)

寮祭の風景

 寮祭は、舎友会役員を中心に企画して今年度も出し物とパン・ジュースの模擬店を行いました。出し物は、女子棟、男子棟の棟ごとのグループや女子棟と男子棟の混合のグループ、舎監の先生などそれぞれ短い練習期間の中、工夫を凝らして個性ある出し物で会場を楽しませてくれました。パンやジュースの模擬店も寄宿舎生が販売を行いました。パンもジュースもいろいろな種類があり、迷って買う人、すぐ決まって買う人など、さまざまな光景が見られました。