2018年11月の記事一覧

科学へジャンプ イン 松山 2018(11月24日)

 中国四国地区に住む視覚障がいがある児童生徒を対象に「科学へジャンプ イン 松山 2018」を本校で開催しました。児童生徒18名とそのご家族、スタッフ、見学者を合わせると総勢150名を超える方々にご参加いただきました。

 液体窒素の実験や木の年輪の観察、粉を使った実験などを行い、また、兄弟姉妹向けには、タンデム自転車の体験も行いました。

 児童生徒は工夫を凝らした活動に目を輝かせて取り組んでくれました。同じ班になった同年代の児童生徒とも話をして、貴重な機会になったようでした。

 ご参加、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

液体窒素にバナナをつけている場面紙おむつに水を吸わせている場面タンデム自転車に乗っている場面

 

立体地図教材体験会(11月20日)

 3D プリンターで作った立体日本地図の体験会を、新潟大学の渡辺先生と、手と目でみる教材ライブラリー館長の大内先生を講師に行いました。この地図は渡辺先生の研究室で製作されたものです。土地の高低差が再現され、触れることで山脈や平野などの広がりが感じられます。都道府県別になっており、マグネットで黒板などに貼り付けることもできます。

 たくさんの児童・生徒や先生方に地図に触れていただくことができました。教員にとっても、立体教材についての理解を深めることができる機会となりました。渡辺先生、大内先生、ありがとうございました!

地図を触る2名の生徒と1名の教員地図を触る女子生徒とそれを見る男子生徒地図を触る2名の男性教員

 

点字ブロック及び白杖安全キャンペーン(11月23日)

 サニーマート衣山店で「点字ブロック及び白杖安全キャンペーン」を実施しました。

 高等部普通科の生徒・保護者・教員で協力しながら点字ブロックの大切さについて呼び掛けたり、点字ブロック啓蒙シールやティッシュペーパーを配布しました。

 配布した点字ブロック啓蒙シールは、岡山盲学校PTAからいただいたものです。皆様、お疲れ様でした。

 

呼びかけの様子集合写真

 

人権・同和教育講演会(11月21日)

 大洲市役所 人権啓発課相談員、木元さんをお招きして、人権・同和教育講演会を行いました。講演では、「差別はなくても 生きられる」~みんな いっしょ~という演題で、「私たちの周りの空気のような人権を、楽に取り込めるように、重荷を分かち合いながら人権侵害がなくなるよう行動しましょう」というお話がありました。また、80年前にあった差別発言を糾弾する事例など、現在執筆中の史実は参加者の心を強く揺さぶるものでした。演題の通り、みんな一緒に取り組んでいきましょうというメッセージが託されたお話でした。

講演会の様子

第53回 子規顕彰松山市小中高校生俳句大会 表彰(11月23日)

中学部F・T君が、第53回子規顕彰松山市小中高校生俳句大会で入選し、11月23日に子規記念博物館で行われた表彰式に参加しました。

★入選作「ガンダムを完成させた土用凪」

 夏休み中にガンダムのプラモデルを作りました。苦労して完成させた喜びと、「夏の土用のころの全く風がない日」という意味の「土用凪」という季語とを取り合わせて作りました。

壇上で賞状をいただいている様子 賞状とポーズ