2019年9月の記事一覧

障がい者スポーツ体験会(9月27日)

 愛媛県障がい者スポーツ協会の長山さんと愛媛県障害者フライングディスク協会の大原さんをお招きし、フライングディスク競技の体験会を行いました。ディスクの持ち方や投げ方、キャッチの仕方を学んだあと、アキュラシー競技の体験をしました。今回はゴールから3m離れた位置からのスローイングをしました。
 次回は、実際の競技会と同じ規定の、ゴールから5m、7mの距離でのアキュラシー競技体験や、ディスクの飛距離を競うディスタンス競技を11月18日(月)に行います。

アキュラシーの様子1アキュラシーの様子2

第19回全国障害者スポーツ大会、第73回瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール壮行会(9月24日)

 10月12日(土)~14日(月)に茨城県で開催される全国障害者スポーツ大会と、10月18日(金)~20日(日)に大分県竹田市で行われる第73回瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクールの壮行会を行いました。
 全国障害者スポーツ大会には、松山盲学校から陸上競技に2名、サウンドテーブルテニス競技に1名出場します。また、声楽コンクールには、8月に愛媛県高等学校独唱コンクールで最優秀賞を受賞した普通科の生徒が出場します。
 全国大会では、練習の成果を発揮されることを期待しています。

壮行会の様子

第3回防災(地震・火災)訓練(9月24日)

机の下で身を守る    東非常階段から避難

 

 

 

 

 

第3回防災訓練を行いました。今回の防災訓練は、寄宿舎生には事前に日時を伝えないで訓練しました。地震から火災を想定した訓練でしたが、みんな落ち着いて放送や指導員の指示を聞いて避難できました。反省会では、訓練で感じたことを話し合いました。

 

小学部第2回キャリアガイド教室(9月12日)

 講師として砥部焼きの女性作家、恒岡さんをお招きし、砥部焼の焼き物体験を行いました。

 絵付け体験では、恒岡さん手作りのスタンプの型に呉須(ごす)を付け、お皿の好きな場所にスタンプを押し付けて絵付けをしました。スタンプの型は星、ハート、猫など、児童の大好きな物ばかりでした。スタンプの跡は、触っても分かるよう、後で形に沿っていっちんでなぞり、少し盛り上げてくれるそうです。

 チャーム作りでは、一人分の土を自分で伸ばし、好みの型を選んで型抜きをしました。その後、竹串を使って、模様を付けました。色付けや仕上げは、恒岡さんにお任せです。

 最後は、小物入れ(点筆入れ)になるお皿作りです。先程伸ばした土の半分を使い、小さな竹かごに載せてお皿の形を作りました。スタンプや竹串で素敵な模様も付けました。

 恒岡さんがいろいろ工夫してくださったおかげで、児童たちは物作りの楽しさを味わうとともに、お話を聞いて、砥部焼との出会いや物作りの楽しさ、大変さについても学ぶことができました。

猫のスタンプを押した後を確認しているところ。上手にできた‼土を竹かごに載せてお皿の形を作っているところ。まあるい形ができたね。星の形の型抜きをしているところ。星の形が気に入って、たくさん作ったよ。