正門 

愛媛県立松山盲学校

〒791-8016
愛媛県松山市久万ノ台112番地
TEL 089-922-3655
FAX 089-922-2893
E-mail matsb-ad@esnet.ed.jp

 Copyright(c)2018-愛媛県立松山盲学校

 

 県内唯一の視覚に障がいのある幼児児童生徒・一般の方のための教育機関です。全く目が見えない人や見えにくさのある人が、幼児から成人まで在籍し、学習しています。また、県下の幼稚園・保育園、小中高等学校や一般の方からの学習や生活上での見えにくさに関する相談や支援を行っています。

 

☆ 見え方に心配はありませんか?  教育相談パンフレット.pdf 

☆ 私たちに活躍の場を!.pdf

 松山盲学校を創設し、盲教育に力を注いだ、森 盲天外(本名:森 恒太郎)の半生をフィクションも交えて描いたラジオドラマ 「盲天外's eye」が南海放送で紹介されています。
「盲天外's eye」のホームページリンク

 愛媛新聞の発信!高校生記者で松山盲学校の記事が掲載されています。
高校生記者のホームページリンク

 点字ブロックキャンペーンポスター.jpg 

点字ブロックキャンペーンポスター

松盲日記

小学部宿泊学習(10月3・4日)

 

児童がヒトデを触っている様子児童がピザの生地をこねている様子海をバックにした児童の集合写真児童が遊具で遊んでいる様子

10月3・4日に、長浜高校水族館(大洲市)と、潮風ふれあいの館(伊予市)に行きました。

水族館では、ヒトデ、ウニ、カメなど、多くの生き物に触りました。ふれあいの館では、生地からピザ作りをしたり、遊具で思い切り遊んだりしました。

その他、パン屋さんでふわふわのパン生地を触らせていただいたこと、「夜のつどい」のトランプや花火が盛り上がったこと・・・。思い出がたくさんできました。

地域の方々に御協力いただき、児童のみなさんの笑顔いっぱいの宿泊学習となりました。

防災避難訓練(地震対策)(10月7日)

 防災避難訓練(地震対策)を行いました。地震が発生したと想定し、各教室でヘルメットを着用するなどの安全確保行動をとり、運動場に避難しました。

  避難後は、松山中央消防署城北支署と防災センターの方から地震時における対応方法を学び、実際に起震車による揺れを体験しました。今までに体験したことがないような大きな揺れに驚きましたが、地震について知るいい体験になりました。今後も、身を守るために訓練を積み重ねていきたいと思います。

 避難の様子起震車による揺れの体験Ⅰ防災センターの方からの地震対応方法のお話起震車による揺れの体験Ⅱ

高等部第2回キャリアガイド教室(10月4日)

普通科生徒6名がDCMダイキ美沢店に行き、職業体験をさせていただきました。
 バックヤードで接客用語の練習をした後、実際に店頭レジで袋詰め作業(サッカー)や、商品補充をしました。「いらっしゃいませ!こんにちは!」の声も慣れてくるとしっかり出すことができました。
副店長さんから在庫管理や仕事のやりがいについてお話をしていただき、接客や販売の大変さや楽しさについても知ることができました。

レジで袋詰めをしている様子商品補充をしている様子副店長さんのお話を聞いている様子

中学部修学旅行(10月3日)

午前中は大人気の「フライングダイナソー」を皮切りに、絶叫系のアトラクションに次々と乗りました。午後はショーや買い物などをして、とても充実した1日でした!

ハリーポッターミニオンショッピング