松盲日記

「ありがとうメッセージ」はがき贈呈式(7月15日)

贈呈式の様子

松山中央ライオンズクラブより、本校児童生徒全員に、はがき、鉛筆をいただきました。

小学部児童会長、中学部生徒会長、高等部生徒会役員が贈呈式に参加しました。

感謝の輪を広げるために、日頃お世話になっている方々にメッセージを送りたいと思います。

ありがとうございました!

令和2年度 高等部普通科 前期校内実習(7月6日~17日)

高等部普通科の生徒1名が、冷蔵庫ドアガスケットの磁石抜き作業を行っています。

新型コロナウイルス感染症の関係で、例年の時期より2週間遅れての開始となりましたが、「1日1500個以上磁石を抜く!」という高い目標を掲げ、黙々と『仕事』に取り組んでいます。

前半の3日間は、気象警報発表のために自宅待機となりましたが、そこは流行り(?)のテレワークを実施。7月9日は自宅で型抜き作業を頑張りました。

磁石抜きの様子テレワーク セット

 

 

 

 

 

 

防災避難訓練「第1回火災対策」 (7月6日)

 雨天でしたが、防災避難訓練(火災対策)を行いました。児童生徒は落ち着いて避難をし、教職員は逃げ遅れた者がいないか確認したり、廊下や教室の窓を閉めたりしながら避難誘導を行いました。体育館に避難後は、密にならないように気を付け、消防署の方からのお話を聞きました。解散後、児童生徒は学級やホームルームで避難訓練の振り返りを行い、教職員は水消火器による消火訓練を行いました。消防署の方から頂いた助言を今後の防災避難訓練に生かし、命を守る行動の実践につなげていきたいと思います。

 体育館に避難した様子水消火器を用いた消火訓練の様子

2020年度高校生記者スタート(リモート)講座(6月29日)

 6月29日(月)に、高校生記者スタート(リモート)講座を行いました。津島高校、三崎高校、済美高校、愛媛新聞社2部署、愛媛CATVの各局など8カ所を結んでのリモート講座でした。

 各校、各部署の自己紹介や、今年度の活動方法についての説明、新企画の発表などがありました。他校生と直接話せなかったのが少々残念でしたが、試合や行事が中止になっていて取材活動も計画できていない中で、活動のヒントをいただくことができました。

 生徒たちの感想です。
 「初めて参加して緊張したが、関わっている人がたくさんいることが分かり、繋がりを感じてうれしかった。」
 「画面が次々と入れ替わったり、Wi-Fiが途切れたりして見にくい点はあったが、快適な使い方を教えていただき役立った。」
 「画面越しではあっても、たくさんの人たちの顔を見ることができて、うれしかった。盲学校のアピールをしていきたい。」

U君とT君がiPadで講座に参加している様子NさんがiPadで講座に参加している様子

高等部体験学習(6月12日)

 中学部の生徒6名は、高等部の先生方から、普通科・保健理療科・専攻科理療科についての説明を聞きました。普通科の各類型の特徴や卒業後の進路先について、また保健理療科・専攻科理療科で取得できる資格の違いや普通科・保健理療科・専攻科理療科の関係性などについてお話いただきました。経穴(ツボ)が示された人体模型や、治療に使われる本物の鍼を触らせていただく活動もあり、経穴の数の多さや鍼の細さに生徒たちは驚いていました。例年よりも縮小した形で行われましたが、大変充実した時間となりました。

普通科について説明を聞いている様子人体模型を触っている様子古代鍼を触る様子手の骨の模型を触る様子

給食の様子(5月28日)

 学校再開に伴い給食も始まりました。密集を避け対面を避けるため、3部屋に分かれて給食を行っています。また、配膳も衛生管理に十分に気を付けて職員が行っています。みんなで楽しく会話をしながら食べられる日が早く来ることを待ち望んでいます。

児童生徒の様子教職員の様子(寄宿舎集会室)

教職員の様子(寄宿舎職員室)