松盲日記

卒業生より感謝をこめて 藍染のコースター贈呈(3月1日)

 3月1日に高等部の3年生が卒業を迎えました。卒業式の前に、生活単元学習で育てた藍で染めた布で作ったコースターを、感謝を込めてお世話になった先生方に贈りました。薄い緑色に染まった布を、水色のフェルトに編み込んで市松模様を作りました。卒業後も、一人一人が新しい場所で頑張るという決意を聞かせてくれました。皆さんのご活躍をお祈りしています。

コースターとメッセージカードコースターを作る男子生徒コースターを作る生徒の手教員にコースターを渡す男子生徒

 

ひな祭り(3月6日)

 ひな祭りは一般的には女の子のお祭りですが、寄宿舎では皆でひなあられを食べたりお話をしたりしてお祝いをしました。また、昔からある手作りの木彫りのお雛様を見ながら由来や歌を歌い、昔の暮らしに興味を持つ機会となりました。皆様の健やかな成長をお祈り致します。

ひな祭り茶話会ひな祭りみんなで記念撮影

卒業生を送る会(2月27日)会食(2月28日)

卒業生を送る会写真1卒業生を送る会写真2会食

 卒業式まで残りわずかとなり、寄宿舎では「卒業生を送る会」がありました。在舎生から卒業生への贈る言葉や歌、卒業生からの最後の言葉などがあり、参加者全員が卒業生との寄宿舎生活の思い出を思い浮かべながら、お互いが感謝の気持ちを伝え合いました。

 28日には卒業生のリクエスト献立での会食もありました。食事のおいしさと卒業生との別れを噛み締めながら、思い出話に花を咲かせていました。

 

平成30年度 表彰式並びに卒業記念品贈呈式(2月28日)

 高等部の表彰式、卒業記念品贈呈式を行いました。スポーツ功労賞の表彰の後、卒業記念品贈呈が行われました。卒業生代表より、目録が校長先生に手渡されました。

 今年度の卒業記念品は得点板と気象計です。大切に使用させていただきます。

 ありがとうございました。

 卒業生代表による贈呈記念品「得点板と気象計」