松盲日記

防災避難訓練「第1回火災対策」 (7月6日)

 雨天でしたが、防災避難訓練(火災対策)を行いました。児童生徒は落ち着いて避難をし、教職員は逃げ遅れた者がいないか確認したり、廊下や教室の窓を閉めたりしながら避難誘導を行いました。体育館に避難後は、密にならないように気を付け、消防署の方からのお話を聞きました。解散後、児童生徒は学級やホームルームで避難訓練の振り返りを行い、教職員は水消火器による消火訓練を行いました。消防署の方から頂いた助言を今後の防災避難訓練に生かし、命を守る行動の実践につなげていきたいと思います。

 体育館に避難した様子水消火器を用いた消火訓練の様子