松盲日記

専攻科2年研修旅行(9月12日)

 研修旅行2日目は、関西盲導犬センターでの盲導犬体験、保津川下り、日本ライトハウスの訪問でした。

盲導犬センターでは、全員が歩行体験を行いました。保津川下りは急流を楽しみながら、歴史の勉強にもなりました。

ライトハウスでは、日常生活道具や白杖のチップなど、様々な道具のサンプルを見学しました。

電車の乗り換えで疲れましたが、今日も充実した一日となりました。

盲導犬体験

保津川下り日本ライトハウスにて

 

専攻科2年研修旅行(9月11日)

専攻科研修旅行1日目は、神戸アイセンター内のビジョンパークを訪問しました。元本校教諭和田先生のご案内のもと、最新の視覚支援機器、運転シミュレーター、ボルダリングなどの体験をさせていただきました。

スタッフの皆様、ありがとうございました。

運転シュミレーター

 和田先生と記念撮影

第3回ストーリーテリング(9月10日)

  「松山おはなしの会」の方による、第3回ストーリーテリング(おはなしの会)でした。昼休みの会議室に児童生徒が集まって、素敵な語りを楽しみました。

   今回聞いたのは、ボルネオの昔話「なまくらトック」、そして「ティム一家」の2作品です。

   蒸し暑い中でしたが、お話が始まると皆すっかりストーリーに引き込まれ、最後まで集中して聞けていました。ユーモラスな中にも、深く考えさせられるお話でした。

   谷川俊太郎さんのリズミカルな詩「なんのき」をみんなで歌う場面もありました。元気なみんなの声が、会議室に響いていました。

ストーリーテリングの様子

第11回愛顔のえひめ特別支援学校技能検定認定証授与式(9月5日)

教育長より授与認定証を持つNさん

 「第11回愛顔のえひめ特別支援学校技能検定(8月1日、5日)」で『1級』と認定された生徒達の認定授与式が、9月5日(木)に愛媛県議会議事堂にて開催されました。

 本校からは、8月5日の情報サービス部門「文字入力」に受検した、高等部1年生 Nさんが見事『1級』に認定され、授与式に出席しました。緊張しながらも立派な態度で、教育長より認定証を授与していただきました。

 今回の結果を励みに、更にいろいろな活動へのチャレンジに期待です。

 

施設見学(南予)(8月5日)

南予地区の保護者・教職員に向けた施設見学で、3か所の見学を行いました。

●療養マッサージ 桃李(大洲市)●

 桃李は、訪問マッサージ事業や併設している介護付き老人ホーム等で、医療保険での施術をしている会社です。施術にはドライバー兼相談員の晴眼者の方が同行され、意思疎通が難しい患者さんの表情なども教えてくださるそうです。「チャレンジしていこう!」というスタイルで頑張ってほしいとのお話でした。

桃李外観

●鍼灸マッサージサロン ラ マリエ(宇和島市)●

 本校卒業生が開設された治療院です。女性専用で美容鍼も受けることができ、県外からも患者さんが来られるそうです。「美容鍼は卒業後に勉強したが、盲学校での基礎があるからこそ学べた。在学中の勉強を大切にして頑張ってほしい。」と、見学に来ていた専攻科の生徒に向けて、エールを送っていただきました。

説明を聞く本校生徒と教職員

●障害者支援施設 希望の森(西予市宇和町)●

 希望の森は、主に入所の施設で、日中一時支援や生活介護、短期入所事業などを行っています。敷地の中には、ひまわり畑やお茶畑、しいたけの原木などがあり、畑で栽培しているひまわりからひまわり油を搾っているそうです。毎年夏には地域の方と協力して、ひまわりカーニバルも行っていて、今年も1,000人の来場者がいたそうです。ゆったりとした広大な敷地で、穏やかな時間が流れていました。

希望の森のひまわり畑