松盲日記

中国・四国地区盲学校弁論大会(島根大会)(6月8日)

 6月8日(金)に、中国・四国地区盲学校弁論大会が、島根県立盲学校で行われました。本校からは、高等部専攻科理療科2年のKさんが、『目標を持てた幸せ』という演題で弁論しました。納得するまで原稿を手直しし、限られた時間の中で練習を重ねていました。そして、発表順が1番目というプレッシャーに負けず、立派にやり遂げました。自分の思いを堂々と伝えられたことに大変感動しました。奨励賞をいただきました。(文 引率教諭)

中四盲弁論大会で弁論するKさん

第2回防災(地震)訓練(6月7日)

食堂西避難場所に避難

  夕食後の18時10分から、告知なしの防災訓練を行いました。今回の訓練では、詳しい日時等を伝えずに行うため、事前指導では地震や津波について話し合いました。本番さながらの緊張感と焦りの中、真剣に取り組む姿が見られました。無事に避難が完了した後、舎監より総評をいただき、各棟で反省会を行いました。

第13回愛媛県障がい者スポーツ大会表彰伝達式(6月5日)

5月27日(日)に行われた、第13回愛媛県障がい者スポーツ大会の表彰伝達式を行いました。

松山盲学校からは、陸上競技に4名、サウンドテーブルテニスに3名、フライングディスクに1名が出場しました。

運動会の翌日に行われた大会でしたが、出場した8名全員が記録を残しました。

 

表彰集合写真

防災訓練(不審者対策)(5月30日)

講話対応実演

 不審者対策の防災訓練を行いました。松山西警察署員の方から、児童生徒の登下校に潜む危険とその対策、不審者事件の事例、狙われないための対策等についての講話をしていただきました。その後、代表の児童生徒による対応実演を行いました。対応実演では、実際に不審者がどのような言葉掛けをしてくるのか、そして、それに対してどうすればいいかを学習しました。具体的な不審者対策について学ぶ機会となりました。

 

 

運動会(5月26日)

 平成30年度の運動会は、「Let’s run 心を一つに 自分を超えて」のテーマのもと、とても涼しい気候の中、行われました。
 今年の団の名前は、「ドキンちゃん」と「しょくぱんまん」。団長を中心に、児童生徒が考えました。
 かわいい名前同士の戦いでしたが、競技はとても熱く、小学部の児童から大人の生徒まで、真剣に戦う姿が印象的でした。
 予行は「ドキンちゃん」の赤が勝ちましたが、本番は、「しょくぱんまん」の白に優勝旗が渡りました。
 ご観覧いただきました皆様、本当にありがとうございました。

プラカード綱引きラジオ体操エール交換