松盲日記

高等部体験学習(6月12日)

 中学部の生徒6名は、高等部の先生方から、普通科・保健理療科・専攻科理療科についての説明を聞きました。普通科の各類型の特徴や卒業後の進路先について、また保健理療科・専攻科理療科で取得できる資格の違いや普通科・保健理療科・専攻科理療科の関係性などについてお話いただきました。経穴(ツボ)が示された人体模型や、治療に使われる本物の鍼を触らせていただく活動もあり、経穴の数の多さや鍼の細さに生徒たちは驚いていました。例年よりも縮小した形で行われましたが、大変充実した時間となりました。

普通科について説明を聞いている様子人体模型を触っている様子古代鍼を触る様子手の骨の模型を触る様子