松盲日記

興居島小学校の交流(7月10日)

興居島小学校との第1回交流をしました。雨の心配をしながら電車とフェリーを乗り継いで興居島へ!港には興居島小学校の6年生が出迎えに来てくれていて、一気にみんなの表情が笑顔に変わりました。もう何度も交流して知っている友達がたくさんいます。着替えて学校のすぐ前の海へ。班ごとに砂遊びと海遊びをしました。お弁当の後は、お待ちかねのスイカ割り!今年もあとちょっとのところで外す人が続き、大盛り上がりでした。友達とおしゃべりをしたり、海でたくさん遊んだりして、たっぷり楽しんだ子供たち。思い出多い交流となりました。

恒例の砂風呂です!「あったか~い!!もっと砂をかけてね!」 砂の感触を身体全体で楽しみました。浮き輪をみんなでつないで「浮き輪列車」をしながら水かけっこ。 海遊びでは、イルカに乗ったのが一番楽しかったです。お友達が引っ張ってくれてうれしかったです。   

ありがとうメッセージ贈呈式(7月8日)

松山中央ライオンズクラブから、児童生徒一人ひとりに、はがきをいただきました。7月8日の贈呈式には、小学部児童会長と中学部生徒会長が参加し、はがきを受け取りました。夏のお便りに使いたいと思います。ありがとうございました。

ライオンズクラブの方から、はがきを手渡していただきました。 ライオンズクラブの方、校長先生、児童会長、生徒会長で記念写真です。

HR活動「介護等体験生から学ぶ」(7月5日)

 普通科Ⅰ・Ⅱ類型のHR活動では、介護等体験の大学生から、高校生の時の生活や学習方法、大学生活などについて話を聞きました。和やかな雰囲気で、生徒達からの質問にたくさん答えていただきました。体験生には盲学校の生徒の考えていることを知ってもらい、生徒たちにとっては将来について考える貴重な経験ができました。

男子大学生2名を囲んで話す本校生徒3名立って発言する女子生徒とそれを聞く大学生2名と本校生徒2名 

 

 

 

防災避難訓練「第1回火災対策」(7月8日)

 防災訓練(火災対策)を行いました。火災発生の放送を聞き、鼻と口を手やハンカチで覆いながら、慌てることなく冷静に避難することができました。運動場に避難後は、水消火器による消火体験を行いました。「火事だ」と大きな声で周囲に知らせながら、消火器を上手に取り扱いました。また、訓練終了後には、消防車を見学し、消防署員の方にいろいろと質問をしました。

 避難の様子生徒による消火器体験教職員による消火器訓練消防車の見学の様子

 

考古館体験授業(6月12日)

 中学部の社会科の授業で、松山市考古館の方を講師に、体験授業を行いました。本物の石器や土器、レプリカの青銅器などを持ってきていただき、教科書で学習する物を実際に触れながら学ぶことができました。生徒たちは積極的に質問しながら、楽しく古代の人々の暮らしについて考えることができました。

土器などに触れる4名の生徒縄文土器に触れる男子生徒2名銅鐸のレプリカに触れる女子生徒2名と学芸員弥生時代の衣装を着る女子生徒